BAR DEEP

アクセスカウンタ

zoom RSS メギド

<<   作成日時 : 2011/06/16 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2




新約聖書ヨハネの黙示録にある

善と悪の最終戦争ハルマゲドンが

おこなわれる場所といわれる。

また メギト山(har-megiddo)は

ハルマゲドンの語源でもある。



































渡辺 裕之の小説「傭兵代理店」シリーズがツボに入ったが

残念な事に 5タイトル位しかシリーズ出てないので

今回は同氏の「メギド」を

借りて読みました これも私的に当たりで良かった。



記憶喪失の主人公の身の周りで起こる殺人事件

心の中から語りかけてくる人物とはいったい誰なのか

なぜ体が無意識に反応してしまうのか

次第に明らかになっていく驚愕の事実に戦慄を覚える

人体実験で戦闘人間を造り上げる 

そう それは

真さにショッカーだな。





善と悪が戦う場所メギドとは

人間が神の創造を無視し

進化の過程を身勝手に捻じ曲げようとする

倫理と禁忌の心の狭間を指してるのではないかな?

人類への警鐘を鳴らすお話でありました。




      「メギド」 著者:渡辺 裕之  角川書店

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
実際、一般人にはわからんところで
大義名分を掲げ、いろんな実験がされてるんだろうなぁ。。

あ、ブログはねぇ
やらない(≧∇≦)
だって大変そうなんだモ~ン
文才ゼロだしσ(・・。)
フォー!( ,,・`ё´・)」村雨
2011/06/18 11:23
フォー!( ,,・`ё´・)」村雨さん
ご来店有難うございます。

特に戦時中はそうでしょうね
死人に口なしと闇に屠られて

文才?俺よかあるってばよw
TV番組がつまらないので
色んなのに手出してますが
面白いお薦め小説あります?
シリアス系カモネーギ
2011/06/18 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
メギド BAR DEEP/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる